メイン画像

歯の健康を考える

子供の頃に「一口30回噛みましょう」と指導された経験はないでしょうか。
顎を動かすことで脳や口元、顎の発育が活性化され、食べ物を噛んで細かくすることで胃腸での消化もはかどります。
よく噛むということは健康な体を育むためにとても大切なのです。

しかし、大人になっても「固いものをたくさん食べて顎を鍛えよう」などと張り切っている人はいないでしょうか。
よく噛んで顎の発育を促進させるべきなのは成長期の子供までです。
逆に固いものを無理に噛み砕こうとすると、口の中を傷つけてしまったり、歯にヒビが入ったりする可能性があります。
固い物を一度にたくさん食べる、毎日食べ続けるのは控えるべきでしょう。

そして、最近はふわふわとやわらかい食感のパンケーキやドーナツなどのスイーツが人気ですが、やわらかいからといってほとんど噛まずに飲み込んでしまってはいけません。
やわらかい食べ物は全て消化にいい食べ物という訳ではないのです。
例としてあげたパンケーキ自体は消化に良いですが、食べ物をほとんど噛まずに胃に入れてしまうと、消化するまで時間がかかり、胃腸の負担もそれだけ大きくなります。

食事をとる際は栄養バランスを考慮するのはもちろん、固いものもやわらかいものもどちらもゆっくり時間をかけて噛んで食べることで、日々の暮らしに必要な栄養を余さず吸収し、健康な体を育むことができるのです。
人気のふわふわパンケーキを目の前にした時はつい「早く食べたい」と思ってしまうかもしれませんが、焦らずゆっくり一口一口を堪能して頂くようにしましょう。

top